comotoyacoのブログ

似非健康ヲタク、心の通訳カウンセラーの備忘録ブログ。変化の記録帳。

自分がいなくなっても大丈夫なように仕事の段取りをする

ずっと事務をしていたわけですが、

何時の頃か?仕事をするうえで大事にしていたのが

『自分がいなくなっても大丈夫なように仕事の段取りをする』

こと。

 

究極、人が一人いなくなると、

どう少なく見積もってもなんらかの支障はでるのだけれど

(でないと、仕事をしているとは言えないわけで。。。)

『自分がいないと仕事が廻らないほどの抱え込み』をするのは

承認欲求を満たしたいだけの、ただの自己満足だと思っている。

 

なので、メールも書類ファイリングも必要なデータも

ちょっと内容を知っている人が見れば理解できるように心がけて

作成・運用していた(つもり)。

 

日々のルーティンワークも

必要なことだけの入力で済むよう簡素化していた(つもり)。

 

なぜ、”つもり”とつくかというと、

人にはそれぞれの”視点”があるので、それが違えばまったく逆に映ってしまうから。

あと、実際に後を引き継いだ人にしか『わかりやすかった』かどうかは

わからない部分があるから。

 

なんにせよ、何度か引き継ぎをしたことがある人はわかると思うが

『書類は正直』なので、

一定のルールを守ってデータを残していけば

たとえ取説がなかったとしても、多少時間がかかるけれども

やっていた内容は読み解くことができる。

 

内容が読み解けない場合、

前任者の性格がいいかげんだった、ということだったりもする。

それほど書類は、色んな情報を伝えてくれる代物である。

 

なので、究極。

書類さえきっちり作成・管理していれば

『自分がいなくなっても大丈夫な仕事の段取り』になるのだ。