comotoyacoのブログ

似非健康ヲタク、心の通訳カウンセラーの備忘録ブログ。変化の記録帳。

この世の地獄

って結局、その人が作り出すものだよな?

と思う

 

同じ事象にあっても、

『深刻に受け止める人』

『何でもないこととする人』

色々いる

 

もちろん、対処が必要なことを放置すると

後々面倒なことになって、後始末をするのは本人だが、

それすらも知らん顔決め込む(というか自分の責任だと思ってない)人もいて

そんな人が周りにいると大変なのだけど、

その人から離れようとしない(仕事においても)のは、

それぞれの責任なんだな、選択なんだな、と最近思う

『仕事だから』とかは全部言い訳で、

結局、何かと天秤にかけて、そっちを選んでるってのが実情だから

 

『喉元過ぎれば何とやら』とは、よく言ったもので、

実際私も、自分で作り上げた暗黒の世界に半年ほど(いやもっと?)

いたことがあるのだけど、

それって、すべて、本当に、自分で自分を閉じ込めていただけのことだった

 

人によって課題が違うから、

物理的なものから逃げれなくなってる人もいるだろうし、

まんま、私のように精神面だったりするのだろうが、

それすら、全部自分の選択の結果なんだろうなー、と思う

 

そんな経験の中から学んだことは、

『自分を嫌っていると、何もかもがしんどい』

ってこと

 

逆に、

『自分を好きでいられると、大概のことは大丈夫』

究極は、全部大丈夫になると思うけど、まだそこまで到達してないから言い切れない。。。ω;

 

『自分を好きになれない』

と思ってる人、

『(自分・人に対して)許せないところがある』

と思ってる人は、

『自分は、そう思ってるんだなぁ』

と、まずそこを受け入れることから始めると、次に進みやすいと思う

 

許せないことがあってもいい、と

認めることが第一歩だと思う