comotoyacoのブログ

似非健康ヲタク、心の通訳カウンセラーの備忘録ブログ。変化の記録帳。

ブルーベリーの自家受粉

自家受粉とは?

一つの植物の花粉が、その植物の柱頭につくこと。

 

要は、1本植えてれば、

その個体内で受粉して実が付きますよ

ということだが、

これで実が成るか成らないか?

は、その植物の特性として、向き不向きによって異なる。

(ブルーベリーは、基本、自家受粉だと実がなりにくいようだが、

品種によっても差がある、らしい)

 

また、雌雄が個体ごとにわかれているのもある。

この代表は、銀杏(イチョウ)。

銀杏(ぎんなん)が成る木と成らない木がある。

個人的に、『人間の男女みたいなもんだな』

と思っているのだが。。。

 

なんでこんなこと書いているか?というと

子どもが出来る出来ないの話ではなく、

人間の能力も、自家受粉型みたいなのあるよな?と思ったからだ

(人を必要としがちが、そうでないか?という点だが)

 

ちなみに私は、自家受粉型。。。

大概のことは、自分で出来てしまう。

現在、背中に絶賛アレルギー発症中なのだが、

保湿オイル(極力、薬は使わない派)とか、自分で塗れてしまうという

そういう意味でも、である。。。

別に毎日ヨガやってるとか、柔軟やってるわけでもないのに、

背面合掌がフツーに出来てしまう。

 

色んなことが出来てしまうから、人を頼らなくなっていく。

これって、便利なようで実は、

『意識して人との関わりを持たないと孤立しやすい性質』だったりする。

もちろん、『色んなことが器用にこなせるため、人の役に立ち易い』

ということでもあるので、なんでも自分の意志次第ではあるが。

 

そういうわけで(どういうわけだ?)

『自分の特性を意識して、もうちょっと人との関わりを持とう』

と思ったという話。。。(どういうオチ?)