comotoyacoのブログ

自分で自分を幸せにするお手伝い。整調サポートカウンセラーの記録帳。

やってみせいってきかせて【山本五十六さん名言】

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ』

 

山本五十六さんの名言。

 

もともと、

上杉鷹山さんという人の

『してみせて 言ってきかせて させてみる』

に追加されたもんだなー、

と思っているのだけれども。。。

時代が変わると、というか目的が変わると増えていくものなのかな?

 

たまに、

名言を『ここの部分要らないなぁ。。。』

と受け入れにくい部分があればそれは、

『本当は一番必要な部分(なのだけれど、避けて通ろうとしている部分)』

なのだと思う。。。

 

危機回避能力発動中というか?

なので、そう思った時は、要注意。笑

 

本題に戻ると、

やってみせただけで理解してくれる人は少数で

説明したところでこれまた。。。

当然、させてみて上手くできる人もこれまた少数とくる。

 

でも、本当にその人に必要であれば、

根気よく対応して、出来たところをほめてあげると

少しずつ出来ていくものである。

 

人を育てるには時間がかかってしまうし、

ともすれば、自分でやってしまったほうが、楽だし早いし。。。

でも、そうすると、

『自分がいないとダメ』になってしまう。

 

これ、承認欲求を非常に満たしてくれる相手が出来る

ことになるかもしれないが、

社会全体をみると、

まったく意味がないというか、

本当に、自己満なんな身勝手な行為になってしまうので、

なるべく『人を育てる』方向で対応していきたいものだと思う。

 

まー、『やってくれたら早いし、楽やん(俺も)』

てな感じで、嫌なことから全て逃げよう逃げよう精神の人間には、

こんな根気を見せず、引継をさっさと終わらせて、

責任範疇を明確にして引導を渡すのがよいと思う。

そのあとの面倒を見るのは、上司の責任だと。。。

 

良かれと思ったことが、

『イネーブラー』行為になるのだけは、避けたいものだ。。。