comotoyacoのブログ

自分で自分を幸せにするお手伝い。整調サポートカウンセラーの記録帳。

これからのリーダー【人の良さを見抜いて任せる人】

これまでのリーダーって、

戦隊もの(は最近おっちょこちょいが多い?)でも何でも、

結構優秀で、引っ張っていくような存在ってイメージだったけど。。。

 

これからは、

ちょっと(以上に?)抜けていて、

でもちゃんと人の良さを見抜いて適所に抜擢し、

『助けてくれてありがとう』って姿勢でいれる人が担っていくポジションなのかな?

と思っている。

 

これまでも、そういうリーダーっていたんだろうけど、

色んなことが複雑化し、専門化していっているので、

全部をカバーしようなんて、土台無理になってきている。

 

それなら、自分の限界(出来ないこと)をちゃんと『理解』し、

その上で、自分に出来るなりの『理解』をし、適材を見分け、

適所へついてもらうようお願いをし、信頼して任せることができる人

の方が、人もついて行きやすいのではないかな?

と思う。

 

人の上に立つ人が謙虚であれば、

おのずと下につくひとも謙虚になっていくものだから、

ものすごく、よい関係が築けていくのだと思う。

 

『謙虚であることの大切さ』は、

(以前にブログにも書かせていただいたと思う。。。確か)

加藤眞由儒さんがいつも仰っていることなのですが、

なかなか、我が出てしまい『難しいなぁ』と感じることが多い。

根っこの部分で、満たされてる感覚が薄いと、これは難しく感じるのだと思う。