comotoyacoのブログ

自分で自分を幸せにするお手伝い。整調サポートカウンセラーの記録帳。

病児保育について。【こんなサービスあるんだ】『お母さん』であることが応募資格。【こういうキャリアもあるんだ】

保育園に入れなくって、問題。

というのは、結構浸透した気がしますが、

折角、保育園に預けられても、

『お熱を出した』

とか病気になると、自宅に療養となってしまう。

 

しかも、預けたての子供はどうしても、

免疫がないから病気がちになる。

(ホントにワクチンが効くのであれば、

病気になるわけがないのに。。。なんで気づかないんだろ?)

 

そこで、ニーズがとても高いのが、自宅で病気の子供の面倒をみてくれる

病児保育。

 

それを解消するためのNPOを立ち上げた方のブログを発見。。。ω

わたくし、産休を取得します。 | 認定NPO法人ノーベル

 

そして、求人情報。

 

nponobel.jp

これ、ニーズはあるのに、需要が追い付いていないようです。

こういう仕事の認知度が低いのか?

自信がないからなのか?

世間的に、価値を認めてもらえてないから、イヤなのか?

 

ま、個人的には、(一人親とかは別にして)

子供が小さいうちは、専業主婦でいいんでないの?って思う。

本気で、仕事が好きって人ならともかく、

『将来の金銭的なことが不安で。。。』働いてる人、いない?

そういう人がこういう

『お母さん』であることが立派なキャリア

になるんだ

って気づける世の中であって欲しいなぁ。

と思う。

子育てって、ホント、尊い仕事(というかなんというか?)だと思う。

 

あと、なんで子供が病気になるのか?

をちゃんと考えて受け止めてほしい。

お母さんの所為じゃないんだけどね。

直接的な原因にはなりがちなのですよ。

詳しくは、↓読んでください。

honto.jp

この出版社、ツブ(さ)れたハズ。。。

いい本いっぱい、出してたからなぁ。。。

イリョウ業界を敵に回すような。。。

 

ウチは、私が高熱だして唸ってる横で、

治療方針について揉めだす、

ほんっと、『いいかげんにしてくれ』って親ズでしたが。。。笑