comotoyacoのブログ

自分で自分を幸せにするお手伝い。整調サポートカウンセラーの記録帳。

身体の専門家の方へ オススメのワーク【2018年エルダーガイド身体ワーク in 大阪】2/4(日)開催

もうね、

身体を知り尽くした変態(最高の褒め言葉です!)

がお送りする、

最高の身体ワーク

これが、facebookの中の情報として埋もれてしまうのは、

もったいない!!

 

まさしく、

『考えるな、感じろ!』

 

参加するだけで、何かが変わる。。。

 

www.facebook.com

 

【以下、詳細転載】

 

全国開催!
2018年エルダーガイド身体ワーク 

関西では昨年9月に続いて2回目
2018年は2~3か月ごとに定期的二開催されます!

日時:2018年2月4日(日) 10時~18時(受付9時30分~)
場所:手織適塾SAORI 本部大阪
住所:大阪市都島区中野町5丁目13-4
申し込み:専用フォーム こくちーず↓
http://www.kokuchpro.com/event/d769617af005d068860a381448544ffc/

定員:80名
参加費:1万円/高校生以下無料
子供も参加可能


ご不明な点は、あらえびす へ
TEL:0237-44-3288
Mail:araebisu.npo@gmail.com
http://www.araebisu.net/


身体ワークの詳細 動画もあります↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/elderguide

存在の彼方にあるもの、それを先の先と武術では言う。
それが、脇田監督の【アレ】である。
それを知ることが哲学である。
哲学はそのまま身体知である。
その存在する前に在るアレを掴むことが受け身。
受け身は、骨が感知する世界。
その感度を上げる。
戦争経済は潰れる。
ありもしない存在に人を縛り、そこからのみかじめ料で存在する【国】こそが実は存在していない。
それを体感するが、エルダー身体ワーク。
その存在の彼方の【アレ】を知ったモノ一万名で繋がる、このモニュメントは野生にしか出来ない。
その野生に同等に必要なモノは、野生の空気(機械からでないなどの加工されていない)と野生の水。
唯一繋がれる為に配れるのは水。
だからこの伏流水サポーター制度が、未来の存在の【アレ】として、今ここにあるのです。
だから、この水の活動を聞かれても、答えてしまうとそのものが存在してしまう。
命は、究極喉がカラカラに乾いたら、砂漠で命のアレを探す。
だから、この伏流水一万名雛形完成に、命をかけている。
そこからは、必ず全国に広がるから。

あらえびすの身体ワークというのは、絶対的に他なるもの。
それが他者であることを現実化するもの。

まだ、母国語を知らない幼児が、母親が語りかける言葉から母国語を習得するのと同じように、私たちがまだ知らない身体言語で描かれたテキスト的所作を読み取る仕方をテキストそのものから学ぶ行程である。

その【他者】を知った者たちが創る世界観の実現なのです。

だからこそ、伏流水で繋がりたい。
他者としての伏流水。

無意識こそをツールに、全員が無=知へと導く師をお互いに欲望しあって、師と弟子がクラインの壺になって連鎖調和している集団。

此れが、アラエビスが目指すコミュニティー。
その為の身体知性の試み。

此れがエルダーガイド身体ワーク