comotoyacoのブログ

自分で自分を幸せにするお手伝い。整調サポートカウンセラーの記録帳。

街中ぶらり歩き【集客の落とし穴?】看板編

基本、歩くのが好きなので、

結構、ぷらぷら街中を歩きながら見てまわったりします。

 

で、思ったのが、

飲食店の看板、出過ぎ。

 

数が多い、ってのもあるけれど、

出しっぱなしの店が多いっ!

 

いや、わかりますよ?

大きいしさ、いちいち片づけるの手間だってのも。

 

でもさ、大事な看板じゃん?

なんで、closedの時間に出してるの?

 

それってさ、ずっと『営業してません』

って変換されたメッセージ出してるのに

気付かないのかなー??

 

近隣の馴染み客だけの商売ならいいんですがね。

チャンスは何度もあるし、暗黙知もあるだろうし。

 

でもさ、ちょっと違う場所から着たお客さんからしたら

『あ、看板あるっ!営業中?』

『あ、やってないんだ』

 

って経験をしたら、次回から

(たまたま通りがかって看板目にしても)

『看板出てるねー。

また(休みだけど)出しっぱなしのままかもな』

 

って潜在意識に植え込んでるようなもんでしょ?

看板と店がちょっと離れてると、

わざわざ店前まで確認して『あ。。。やってないんだ

って経験すると、

『また無駄足踏むの、いやだから』

になるでしょ。

 

お店の立場からすると、

ネットに情報出してれば、確認してくれるだろう

って思うかもしれないけど、

わざわざネット情報確認してまで行きたい店

ですか?

って話。

 

お客さんを選り好みしたい、

取りこぼしてもいい、

減らしたい、ってならしてもいいと思う。

 

そういう店なら、一度や二度のウラギリしても

お客さんはついてくるけど、

恋愛でも一緒じゃんね?

惚れさせたら、ついてくるけど、

その気でもない状態で変なことしたら、ふられるだけ。。。

 

ON・OFFをしっかりしましょう。

というお話。

メリハリ大事ってことっすね。気をつけよう。