comotoyacoのブログ

自分で自分を幸せにするお手伝い。整調サポートカウンセラーの記録帳。

『あなたはあなたのままでいい』の真意 【勘違いすると痛い目にあう】

よく聞く言葉ですね。

『あなたはあなたのままでいい』

 

これね、勘違いすると、真逆に突っ走ることになるから

要注意。

 

この『あなたのまま』

ってのは、

『生まれてから色んなことがあって、

否定されたこと真に受けて自分を否定して、

拗ねてイジケテ投げやりになって仮面を身に着けた

今のあなたのまま』

 

なんて、ひとっ言も言ってないから。ω

しかも、大部分の人が、その拗ねて世間体に合わせた仮面つけた状態の自分を

ありのままの自分って勘違いしてるとこが、

また事態をややこしくしてるんだよな。ω

 

『あなたのまま』

ってのは、

 

生まれたての何もわからないけど、

周囲を信頼して素直に欲求を伝えて

与えられた愛情を受け取っていたころの

あなたのまま』

ってこと。

 

生まれたて赤ちゃん(あなた)って、素直なんだよ。

赤ちゃんがぐずるときって、

・お腹がすいた

・うんち/しっこして気持ち悪い

・暑すぎ/寒すぎ

・だっこして欲しい

・やりたいと思ったことができない

・周囲の人(親の機嫌含む)の不穏な気配が伝わってきて不快

 

見栄だとか、体裁だとか、親の期待だとか

そういうものなんか、一切ない。

そういうころから持っていた純粋な感情。

好きなものは好き、と表に出す、そういう存在。

 

その時からすでに持っていたもの、感情を素直に出す

あなたのままでいい、ってこと。

 

感情素直に出して、合わない人とは、疎遠になって良いじゃん。

だって、もともと、心地よいと思う状態の種類が違うんだから。

 

全員と仲良くしなくていいし、

そもそも、『仲良く』って、

自分の感情無視して、表面上、体裁繕うことじゃないでしょ。

 

仲良くなれない人とケンカしなきゃいいから。

離れてればいい、ってこと。

お互いがご機嫌でいれる距離を保ってればいい。

誰かひとり、間に存在してもらって全体の雰囲気がOKな範囲だったら

それって、仲良くしてるってことでしょ?

上手くいってるってことでしょ?

 

近くにいる必要があっても、

お互いにお互いの在り方に文句つけなかったら、

やりあう必要もないし、

親兄弟親類でも合わないんだったら、距離を置けばいい。

 

『距離を置けないんです』って人は、

自分の自由意思で置かないわけじゃなく、

『世間から人としてどう思われるか?』

を基準にして『置けない』だけ。

『置きたくない』ではないんだよね。

自分の感情、置き去りにしてるんだよね。

 

そしてそれすら『(たぶん)人はそう思う』って思い込み。

その価値基準は、実は、『自分が人のそういう話を聞いたら、そう判断する』

って部分から来てる。

 

だから、そういう思い込みとか、

全部とっぱらって、素直な自分、満たされた自分でいれば、

大概のことは、上手くいくんだよね。

 

この世は、見えてる(物質)部分の影響だけで作られてるわけじゃなくて

(確かに物質化してしまったものの力ってのは、デカいけど、

それを作り出したもともとのものは、意識)

見えない(満たされてる・満たされてない)部分が

ものすごく作用する世界だから。

見えてないから、気づきにくいだけで。。。

そういう世界を取り扱ってるのが量子力学。。。

 

まぁ、そうは言っても、

紆余曲折の末、自分を変えてきちゃって、

その変えてきちゃった自分に合う現実を今現在見てるわけで、

そこからいきなり、『素直な自分を出せ』

って無理があると思うから、

まずは、自分の中と向き合って、

本当の自分、自分の本心、

世間体とか、周りの評価とか全無視して、

『あるがままの自分』

『自分が心地よいと感じる状況』

を自分で知ること。

それの環境へ自分から近づいていくこと。

 

まず、自分がわかってないのに、

『人はわかってくれないっ!』

なんてヒネテてもしょうがないよね?

 

自分でわかんなかったら、

人に聞けばいいよね。

『周囲は誰もわかってくれない』

ってんなら、それ、わかってくれる人のとこにいいよね。

『自分に出来ないから』って人にできないわけじゃない。

それを専門としてる人がいる。

(って結局、ステマになった。笑)

 

ま、まず、第一歩として、

周囲の人でも、誰でもいいから

『頼る』ってことしてみるのが一番なんじゃないでしょうか?

 

案外、人って優しいですよ。

『助けてくれない』のではなく、

『困ってることを知らない』だけだったりするから。

そして、その『困った状態を伝えれてない』のは、

ほかならぬ『自分自身』だったりするから。

 

拗ねてちゃ、損するの、自分なんだよねー。

余談ですが

そういうことを、(心屋)仁さんは伝えてるんだよなー。

と思うのです。

講演聴きに行ったの、一回だけだけど。。。笑

あとは、全部ブログと本で学んだことだけど。

ameblo.jp

 

ちなみに、赤ちゃんネタを出すと、

『そうは言っても、虐待される子とかいるじゃないですか』

とか言う人いるけど、

虐待とかって、親が満たされてないからやっちゃうこと

なんだよね。。。

こういうのって、連鎖して起きてることなんだよね。

満たされてこなかった、

育て方(対応の仕方)を知らないからこそ起きること。

色々学ぶと、

『子供は、(その連鎖を断ち切ったりして)大人を幸せにしたい』

と思ってきてるんだと思う。

 

まー、大人がそれに気付かず

『(世間体に合わせて拗ねたままの)自分が正しい』

って思って、自分の価値観を力技で押し付けちゃうから

変な方向に進んじゃうってだけのこと。

 

別にね、そういう価値観に『いい・悪い』があるわけじゃないけど、

その状態の自分って、心地いい状態ですか?

満たされてる状態ですか?

って自分のココロに聞いてみるといい。

 

それで、『yes』なら、それが合ってるんだろうし、

『no』なら、ちょっと一歩踏み出して

変える(というか還る)方向に進んでもいいんじゃないかな?

と思うから。私はね。