comotoyacoのブログ

自分で自分を幸せにするお手伝い。整調サポートカウンセラーの記録帳。

アート作品に限らず、この世はエネルギーを見ている

同じようなことしてるのに

・結果の出る人

・結果の出ない人

 

・人気のある人

・人気のない人

 

色んな例が出せると思うけど、

この差はなんなんだろう?

と考えると、

結局は、見えないもの。

その人のエネルギー状態に差が出てるのだと。

 

たとえば、

緻密な、精巧な細工。

これ、『スゴイ』と思った大勢の人が思ったとしても、

それって実は、内容に差がある。

A。よだれが出るくらい好き、のスゴイ

B。よくそんなの出来るわ。。。私にはできない、のスゴイ

C。なんかよくわからんけど、よくやるわ、のスゴイ

 

これ、

A。の人が、『私もそんなの作ってみたい!(自分評価)』

『出来たらめっちゃ楽しい!』

って感じで道を究めたら、めっちゃ評価されるだろう。

 

でも、

B。の人が、『あれが出来たら”スゴイ”と言ってもらえる(他人評価)』

って感じでやり続けても、あまり賞賛は得られないだろう。

どっちかというと、『あれなら、私も出来る』って人が集まるだろう。

 

C。の人は。。。

『なんかわからんけど、面白そうだからやってみたら、出来た』

って人がいたり、

『よくわからんし、自分には、こっちが向いてるからこっちする』

って感じで、やらない人も多いだろう。

 

で、実際、やるかやらないか、は別として、

作品として売っていた場合、

 

・その作者が本当に作品作りを楽しんでいる

のであれば、『(そのエネルギーが転写されてる)作品を欲しい』

と思う人はいるだろうし、

 

・楽しくないけれども(仕事だから)している

のであれば、『(義務的に)買ってあげなければ』

と思う人も出てくるだろう。

 

見えないところの仕組みって、

そうなってるんだと思う。

 

で、物体は、エネルギーを固定化するから、

自分の周囲は、好きなもの、作り手が作品を愛しているもの

に囲まれていた方がエネルギー的に良い状態が保てますよ、

ということも追記しておく。ω

 

さらに

人って、変わっていくものだから、

定期的に断捨離して、過去のエネルギーとはサヨナラしたほうが

良い状態が保てますよ、

ということも追記しておく。ωω